検索

【続編】加瀬農園様を訪問~輪作体系とアレロパシー編~

#農家長男のつれづれ日記 #契約農場 #ネギ

加瀬農園様を野々川尚先生と訪問し、輪作体系とアレロパシーについて学びました。


学んだこと

  • 収穫後、草を生えさせていることが、土地を休ませていることになるか?答えはNOです。

  • 野球に例えると、ベンチにいる選手は、ベンチでずっと休んでいるでしょうか?

  • 因って、輪作体形・アレロパシーを考え何かを植える事が必要。

  • 土地のバランスを振り子に例える。農薬・土壌燻蒸を使うと土地が無菌状態になり、振り子が横に大きく振れる。しかし、こうなった場合、大きな寄り戻しがあるので恐ろしい。加瀬社長は、振り子が一番下で、若干良い方に振れているくらいが良いと考える。

  • 人生もしかり。加瀬社長は、野菜と生活し、野菜から学び人生観を磨いてきた。

追記

反町隆史が加瀬社長?は、明日以降のブログにて^^

3回の閲覧0件のコメント