検索

【農士塾】冬の畑で遊ぶ〜2021.12.25~

更新日:3月6日

クリスマスの本日、子供たちを迎え、畑で大いに働き、そして遊びました。

先ずは、皆で来年の堆肥づくり。地元のウッドチップに、EM菌の希釈液を散布し、ビニールシートを掛けて熟成させます。


腹が減っては戦ができぬ(笑)。焼き芋に続き、店長一家より、つきたての餅が振舞われ、大いに舌鼓を打ちました。


裏山で収穫しながら遊んだ後、人参、みやま小かぶ、ジャガイモ、大根等を収穫しました。


我々大人と一緒に今年一年、堆肥づくり、作付け、収穫を一通り学んだ子供たちは、確実に成長しています。





『古(いにしえ)は子を易(か)えて之を教う』孟子


子は親に反発し、自分の子供の教育は一筋縄ではいかないもの。これは、古今東西の親の共通の悩みのようです。橋本店長を始め、ながら倶楽部のメンバーの多くは、子育て経験者で、孟子の格言を身にしみて感じています。


世がどうなろうとも、今は幼いこの子供たちの双肩に、我々の将来を委ねなければなりません。出来る限り、そして力いっぱい、子供たちに寄り沿い、生き抜く術を身に着けさせてあげたいと思う次第です。


子供たちの笑顔を見て、喜びの声を聞く度に、子達の為に、更に安心・安全・健康な作物を作りたいとの衝動に駆られます。


尚、次回、農士塾フィールドキャンパスは、来年3月を予定しております。

決まり次第、イベントページ・メールで告知させていただきます。

感謝


栽培工程管理システム

ジャガイモ

ニンジン

みやま小かぶ

ソラマメ

閲覧数:36回0件のコメント